マンション経営やairbnbで不労収入|セミリタイアで人生楽笑

不動産

返済のプランを建てる

男性

マンション経営を行うときに何が重要かというと、ローン計画の建て方や利回りです。マンション経営をするにあたって、頭金は物件価格の2割から3割支払うようにすることが望ましいでしょう。また頭金0円で返済を全てローンにすることも不可能ではありません。しかし、不動産投資といった点からいうとあまり良くありません。その理由として、返済する期間がそれだけ伸びてしまうからです。購入してから長期間返済になると、物件そのものの資産価値が下がってしまうから支払いはすぐに済むようにしておくことが大切です。

月々の返済をするときに目安になるのが、家賃収入から10%から20%程度を差し引いた金額を支払うことが一般的になっています。その理由としては、マンション経営をする上で、諸経費がついてきます。これは、物件の管理費や修繕積立金、固定資産税などがあります。これらの費用を確保しておくためにも月々の返済額は、余裕を持って残しておくことが後々役に立ちます。

不動産投資をする物件を購入する時には、固定金利タイプのローンを組む事は珍しくありません。しかし、多くのオーナーは変動金利タイプのローンを利用することが多くあります。
今の日本は、超低金利のため、お得な状況が続いていますが、将来的にこのようなことが続くことは考えにくいです。そのため、金利が上昇した時のことも考えておくことが大切になります。事前にシミュレーションをしておくことで返済プランが崩れることなく、返済をすることができるでしょう。